ドクラとは、インドでつくられている真鍮を使った伝統工芸品のことです。

藤野ライトハウス

sasha ドクラ トリ

ドクラとは、インドでつくられている真鍮を使った伝統工芸品のことです。

完成までの作業工程を調べてみてびっくり!

・土、もみ殻を混ぜて型を作る
・炭、お香、ワックスを混ぜて糸を作る
・型を乾かして削り、糸をぐるぐる巻きつけて模様をつける
・手作業で混ぜ捏ねた土で、型を覆う
・真鍮の廃材を溶かし、流し込んで形をつくる

これらの工程を経て、周りに覆った土を砕いて外すと、ドクラの完成です。
型は毎回砕いてしまうので、同じ物を作るときも、毎回この作業!
謎の葉っぱなど、様々な材料を使って作られるドクラ。
1つ1つ、すごい手間をかけて作っています。
全く同じものは存在しない1点物ですね。
ウマ、ゾウ、サカナなども作られていますが、
現在、ライトハウスにはトリさんが2羽いるのみとなっています。
このとっても味のある真鍮のトリさん、近くで見たり、手にとってみてくださいね。

※ sasha(サシャ)について
西インドで手工芸品の開発とマーケティングを行うフェアトレードNGOです。
紛争により、住む場所を失われた貧しい女性たちが集まり、受け継がれた手工芸の技術を使って自立していけるよう、1978年に創立されました。
今ではサシャのネットワークはインド全土に広がり、5,000人以上もの職人たちがさまざまな手工芸品を生産しています。

written by なおし

松村尚志

986 views

Ambient / Electronica / Chill Outを中心に、時空間に音を溶かすボーダレスなプレイスタイルで高い評価を受ける。 1994年渡米...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ふじの駅前ポートレード

2018年3月7日ふじの駅前PORTRADE/フェアトレード雑貨店ライトハウス/土屋商店OPEN!!お気軽にお立ち寄りください。
PORTRADEってどんなところ?