タケノコにはオスとメスがある。

栃谷のタケノコ
土屋ローカルデザイン研究所

2018年4月16日の新月。
ビオ市で販売するため、JHSの石井先生と一緒にタケノコを収穫。
陣渓園の大木さんに指導して頂き、40本弱収穫しました。
タケノコにオスとメスがあることもはじめて知りました。
生物学上でオスとメスに分けているのではなく、見た目の違いからオスとメスとしているんだそうです。
タケノコの穂先を見れば区別することができます。
穂先の色が緑色の物がオスで、黄色い物がメスになります。

ビオ市でも完売。大好評でした。

大木さん。ありがとうございました!!

スライドショーには JavaScript が必要です。

bio KITCHEN

保存保存

土屋拓人

1,158 views

東京都生まれ。webディレクター/ビオ市主宰 大学在学中に制作プロダクションを起業。 出版社やテレビ局などと多数のプロモーションを手がける。2009年、神奈...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA