石井智子(JHS)×北尾秀仁(きたぽん酒) 〜Live academia session01 by Urban Farmers Club〜

イベント

ペンギン村が誇る唯一無二のハーバリスト、石井智子さん(https://bit.ly/2fxZmf9)と
白金にある焼き鳥の名店・酉玉で店長として10年間多くの食通を唸らせた北尾秀仁さんの「食ライブセッション」。

北尾さんの生み出すハーブを取り入れた和食に、
石井さんがさらにハーブを加え、変化を起こすという、
まったく新しい実験が藤野の古民家で行われ、
お手伝いと称して参加することができました。

ただただ、すごかった…。

一品目。《前菜》
小松菜豚そぼろマジョラム味噌和え

味噌にマジョラム…
和食にハーブ。食べたことのない味ですが、オシャレでありながら違和感がない、いや、とても美味しい。
感動しながら半分ほど食べ進めたところへ、石井さん登場。

レモンバームとチャイブを刻んだものを薬味としてふりかけます。

「!!!!!」

「うわ!すげー!!」
「なにこれ!」

あちこちから上がる歓声。

「豚とミントは合います。ミントは動物性タンパク質、脂肪を溶かすので、消化にもとてもいいです。
レモンミントのように産毛の生えたミントが、味噌との絡みがよくおすすめです。(石井さん)」

ふぅ、、、一品目からものすごいインパクトで、
この先どうなってしまうのか…。とんでもない会になる予感がビシビシとしました。

以下、長くなるので内容だけ載せさせていただきます。

二品目。《サラダ》
かもの和風ロースト季節のお野菜サラダ マスタード醤油ドレッシング
*after harb:JHS特製ハーブソルト(ローズマリー、レモンタイム、ガーリック、ピンクペッパー)

三品目《メイン》
天然鯛の醤油麹ハーブ漬け 漬け汁で季節野菜ロースト
*after harb:JHS特製ハーブパウダー(カモミール、ディルシード、ミント、セージ)

四品目《お食事》
白エビとハーブの炊き込みご飯
ハーブ炊き込みご飯
*after harb:ハーブティー(ネトル)の冷製茶漬け

五品目《スープ》
四品目までの野菜の煮汁を使用したスープ

六品目《香りの物》
ハーブ塩浅漬け
*after harb:ネトルの葉(四品目のハーブティーの出し殻)のマリネ

《しめ》
ハイビスカスティー(アケトセラ)

これに、日本酒に精通した北尾さんが選んだ、一品一品に合う日本酒が出てくるという贅沢さ。
私は車の運転があり呑めなかったので、お酒についてのコメントはできませんが、
参加者のみなさん、お酒もとても美味いとおっしゃっていました。
お酒も原材料や製法にこだわったものばかりでした。

実は、これは下記イベントの公開実験。
本番は6月17日に恵比寿で行われます。↓
https://www.facebook.com/events/147796656076908/

これは本当にすごいです!
他にはない、この二人でしかありえない企画。
食に興味がある人、ハーブに興味がある人、本物に触れたい人、
お見逃しなく!

武笠民

2,021 views

民民です。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ふじの駅前ポートレード

2018年3月7日ふじの駅前PORTRADE/フェアトレード雑貨店ライトハウス/土屋商店OPEN!!お気軽にお立ち寄りください。
PORTRADEってどんなところ?